「 リウマチ・膠原病は 」 通院はもちろん、自宅でも 治療できる病気です!

血管炎症候群けっかんえんしょうこうぐん

人体には大きな血管から微小の毛細血管まで、様々な血管が張り巡らされています。この様々な血管に炎症を引き起こす病気の総称を「血管炎症候群」と呼びます。病変の位置がどこかによって、主に大血管・中血管・小血管に分類されるようですが、病変が重複する場合もあります。その障害は皮膚や神経、臓器等とさまざま場所で発生します。

イラスト

小血管炎

顕微鏡的多発血管炎

肺や腎臓、皮膚、神経といった顕微鏡で観察できる動脈や静脈の極めて細い血管、毛細血管等の壁に炎症を起こし、臓器や組織の機能を低下させる病気です。日本全国で年間に薬1,400人程が発症すると推定されており、50歳~60歳以上の高齢者に多く見られます。症状は発熱、全身倦怠、体重減少、腎糸球体や肺胞の小型血管障害による症状や検査異常があげられます。

好酸球性多発血管炎性肉芽腫症

アレルギー性鼻炎や気管支喘息の患者さんの体の中で、白血球の一種「好酸球」が異常増加して細い血管に血管炎を発症。その結果、血流が悪くなって各種臓器に障害を起こします。体重減少や発熱等の症状がしばしば見られます。現在、国内の医療機関で治療を受けている患者さんは約2,000人程度でやや女性が多く、40歳~70歳で発症し、その平均年齢は55歳ほどです。

多発血管炎性肉芽腫症

かつては「ウェゲナー肉芽腫症」と呼ばれていた病気です。症状としては全身の倦怠感、発熱、食欲不振等の炎症症状と、眼、鼻、耳、咽喉頭等の上気道、肺、腎臓などの臓器の炎症が一度に、あるいは次々に発生する病気です。日本では3千人弱の患者さんが確認されており、発症の男女の差はありません。発症年齢は男性が30歳代~60歳代、女性が50歳代~60歳代となっています。

中型血管炎

結節性多発動脈炎

全身の血管の中型から小型の血管に炎症や壊死を発生させる病気です。発熱や高血圧、筋肉痛、関節痛、体重減少、皮膚潰瘍、腎梗塞、脳出血、脳梗塞、腸梗塞、狭心症、心筋梗塞等の症状を引き起こします。男性に多い病気で、40歳~60歳に多く遺伝性はありません。治療はステロイドなどの薬物治療が中心となり、原因が不明のため病気の勢いを抑えることが主体となります。

大血管炎

高安動脈炎

大動脈や大動脈から分離する大きな血管に炎症が発生し、血管が狭くなったり、詰まったりすることで脳や心臓、腎臓等の大切な臓器に障害をもたらしたり、手足が疲れやすくなったりする血管炎です。
原因は不明で、男女比は1対9程度と女性に多くみられ、20歳代に好発する特徴があります。日本全国には約6千人の患者さんがいると言われています。治療は炎症を抑えるための薬物療法が基本となります。

巨細胞性動脈炎

かつては側頭部の動脈に炎症が起こるため「側頭動脈炎」と呼ばれていましたが、それ以外の太い大動脈や分岐動脈にも炎症が起こることから巨細胞性動脈炎という名称になりました。症状は発熱や倦怠感、疲労感、筋肉痛、体重減少等の全身炎症の症状と各血管が詰まって起こる症状の2通りがあります。血管を顕微鏡で見ると核を多く持つ巨大細胞が観察されます。発症年齢は50歳以上で60歳~70歳がピークとなっています。

参考資料
難病情報センターホームページ(2018年12月現在)