「 リウマチ・膠原病は 」 通院はもちろん、自宅でも 治療できる病気です!

関節かんせつリウマチ

関節リウマチは広い意味で膠原病の仲間です。この病気は免疫の異常によって、主に体の関節が炎症し関節痛や筋肉痛を引き起こします。現在は治療技術が進歩し、薬による治療で症状を取り除くことができます。

イラスト

主な症状

リウマチは関節、骨、筋肉痛、こわばりなど200種類以上の病気が含まれます。男女比は1:3〜4と女性に多い病気です。初期症状は、朝起きた時の体のこわばり、指がうまく動かないなどで、こわばりが1時間以上継続する場合は専門医に相談を。
治療は薬物療法とリハビリテーションが主体となりますが、手術療法もあります。リウマチは早期発見・早期治療が快適な毎日を続けるポイントです。

治療の効果を確認しながら、一人ひとりに最適の薬を選んで処方します。

ステップ1

抗リウマチ薬 プラス 痛み止め等

ステップ2

(1ステップで効果が不十分、もしくは継続が困難な時)リウマチ専門医だけが使用できる「生物学的製剤+経口のJAK阻害薬」を追加。また、抗リウマチ剤を変更

ステップ3

合併症に応じて生物学的製剤を使用し、効果的な薬剤を処方